ボム君.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボム君.com

好きをお金にする私の生き方

オシャレな水筒ならハイドロフラスクがおすすめ!使ってみてのレビュー・感想とか

こんにちは、ボム君です。

あなたの水筒はどこのメーカーのですか?

象印、サーモス、タイガーとかいろんなメーカーありますよね。


私は今までずつとサーモス派で水筒を愛用していたんですが、今回ハイドロフラスク(Hydro flask)というメーカーの水筒に切り替えてみました。

このハイドロフラスクですけどお試しで切り替えてみたんですが、なかなかイイ感じです!サーモス以上に私は気に入ってしまいました!


ということで今回はレビューと使ってみての感想とかまとめますね。

じゃいってみよう!

ハイドロフラスクとは

hydroflask.co.jp

2009年に設立されたアメリカのオレゴン州を発とするメーカーで主に水筒等を中心に扱っています。

携帯用ボトル(水筒)がアメリカ内で爆発的にヒットし、2011年までに売上高は100万ドルを突破した今波に乘っている水筒メーカーです。


日本には2017年の3月に上陸。

元々ハワイで人気が出ていると話題でしたが、これから日本国内でも愛用者が増えていくんではないかと個人的には思っています。


ちなみに芸能人ではハワイ出身の人気モデルの長谷川潤さんが愛用していることで話題になりました。

ハイドロフラスクの水筒の見た目

f:id:powerbombkun:20170521080458p:plain

まず第一印象でメーカーのロゴマークがカワイイ&オシャレです。

水筒のフタに取ってが付いているタイプで国内メーカーの水筒では見ないタイプですね。

持ち運ぶ際にはここに手を掛けて持ち運んだりできそうです。


f:id:powerbombkun:20170521080544p:plain

中を開けてみました。

外側のステンレスと同じように中もステンレス状になっています。


f:id:powerbombkun:20170521234533p:plain

フタの取っ手のところにもメーカーロゴが入っていてクールです。

使ってみて良かったポイント

デザインがオシャレ

私としてはここは大きなポイントでした。

日本国内のメーカーの場合、機能性重視なので便利なんですがゴチャゴチャしていてダサい水筒が多い感じでした。

ハイドロフラスクの水筒は見た目がすごくシンプルです。いらないものがついていないので見た目がごちゃごちゃしていなのがオシャレ。


また、メーカーロゴも非常にカワイイ感じでオシャレです。

男性、女性ともにここはオススメポイントです。

カスタマイズがしやすい

日本国内のメーカーの水筒と違ってハイドロフラスクの水筒はカスタマイズがしやすいというのが大きな特徴です。

何がカスタマイズしやすいかというと、水筒のフタの種類が様々あり簡単に付け替えができます。

水筒本体に標準で付属しているフタ以外にしたい!って人は自分のライフスタイルに合わせていくつか買っておくと良いでしょう。

Flex Capタイプ

まず私の水筒についてきたフレックスキャップ。

こちらは水筒の持ち運びが多い会社員とか営業マン、リュックにかけて水筒を持ち運んだりすることが多いアウトドア派の人とかに丁度良いでしょう。

取ってのところにお好みでストラップなんかも付けれそうなので、オシャレ好きの人はこれでOK。

Straw Capタイプ

こちらはストローキャップ。

水筒でアツい飲み物を飲むときに口に一気に入ってきてやけどしたりしたことありませんか?そんな人にはこのストロータイプがおすすめ。少しずつ飲めます。

Flip Capタイプ

ストロータイプよりはもっと一気に飲みたいって方はこちらのフリップキャップがおすすめ。

デスクワーカーの男性なんか自席で一気に飲みたいって人も多いはずなので、ストロータイプよりこちらがいいかもしれませんね。

また、フレックスタイプだと口を直接容器につけなきゃいけないのでそれが嫌って人はこういうフリップタイプは良いでしょう。

Sport Capタイプ

こちらはスポーツをする方向けのキャップ。

サイクリングとか自転車でロードレースとかする人に特におすすめ。

ハンドルに固定して必要な時だけ飲んだりして使えますね。

持ち運びがラク

私の買ったフレックスタイプはフタが付いているので持ち運びがラクです。

日本国内のメーカーの水筒だとこういうタイプは無いので手に持って運ぶしかなかったのですが、この取ってがあることで持ち運びのバリエーションが増えました。

  • 両手が物であふれているなら指にかけても良し
  • 手で持ち運ぶのが大変ならリュックにかけても良し
  • ロードバイクに乗るならハンドルに掛けても良し

こんな感じで持ち運びのバリエーションが沢山できますね。

普通に軽い

フタがカスタマイズできるというのは良いですが、重量とかは気になるポイントですよね。

結論だけ言うと国内メーカーと同等の重さだと思います。

まず私が今まで使っていたサーモスの水筒を見てみましょう。


サーモス JMZ-480 MSB

  • 容積:480ml
  • 重量:250g


そのサーモスに対し、私の買った18オンスタイプは以下のようなスペックです。


ハイドロフラスク 18オンス水筒

  • 容積:532ml
  • 重量:325g

容積が大きくなった分少しだけ重量も多いですが、持ち運ぶ際に負担になるレベルでは全く無いです。

保温性問題なし

どのくらい保温性があるのか、海外メーカーだからいまいちなんじゃねぇの?って疑っている方には朗報です。

結論だけ言うと国内メーカーと同等かそれ以上の保温性です。

ホームページの情報によるとステンレスを二重にすることで真空断熱構造を実現し保温性を保っているとのこと。


比較で、私が今まで使っていたサーモスの水筒と比べてみましょう。


サーモス JMZ-480 MSB

  • 保温効力:6時間
  • 保冷効力:6時間


そのサーモスに対し、私の買った18オンスタイプは以下のようなスペックです。


ハイドロフラスク 18オンス水筒

  • 保温効力:6時間
  • 保冷効力:24時間

冷たいものが24時間保持してくれるという点は国内メーカーより良いポイントです。

さすがに常夏のハワイで大人気なだけあります。

朝外出前にキンキンに冷えたスポーツドリンクを入れても、夕方でもキンキンに冷えているのは最高ですね。


また、暖かい方も国内メーカーと同等の保温性能なので安心できます。

カラーバリエーション

f:id:powerbombkun:20170521231851p:plain
出典:http://hydroflask.co.jp/


カラーバリエーションは水筒のサイズ・種類によって異なります。

今回買ったのは18オンスタイプですが、この場合は以下のカラーバリエーションです。


18オンスのカラーバリエーション

  • White
  • Pacific
  • Cobalt
  • Kiwi
  • Mango
  • Lava
  • Stainless
  • Black


公式ホームページで見るとWhiteとBlackが売り切れになっていたのでその2色は多分人気。

私はメタリックな感じがいいのでステンレスの水筒を今回は選びました。


他、12オンスタイプは18オンスよりカラーバリエーションあります。

大き目のサイズだと重かったり量も多いので、女性はこちらがいいかもしれませんね。


12オンスのカラーバリエーション

  • White
  • Pacific
  • Cobalt
  • Kiwi
  • Mango
  • Lava
  • Stainless
  • Black
  • Lemon(NEW)
  • Raspberry(NEW)
  • Mint(NEW)

※それぞれの色をもっと詳しく見たい人は公式ページでどうぞ

サイズバリエーションは?

サイズバリエーションも様々なのでライフスタイルに合わせて好きなサイズを選択できます。

  • 12オンス(354ml)タイプ
  • 16オンス(473ml)タイプ
  • 18オンス(532ml)タイプ
  • 21オンス(621ml)タイプ
  • 32オンス(946ml)タイプ
  • 64オンス(1.9L)タイプ

会社員の方とかフリーランスで外出したりして活動している方は18オンスタイプがちょうどいいでしょう。

スポーツしたりして大量に飲む方は32だとか、場合によっては64オンスタイプが良いでしょう。


ただし、大きくなるとそれだけ重量も増すので重さは注意です。

※ちなみに64オンスだと905gもあります

お値段

値段ってどうなの?海外メーカーって結構いい値段するから、そこでガックリするんだよね。って人も多いでしょう。

安心してください。こちらも国内メーカーと同等の値段設定です。

公式ホームページの値段では以下のような感じです。

  • 18オンス(532ml)タイプ: 4,320円
  • 16オンス(473ml)タイプ: 4,104円
  • 12オンス(354ml)タイプ: 3,780円

5000円あればお釣りが戻ってくる位の値段設定です。安心。

他のタイプは?

今回私が購入したのはHYDRATIONタイプですが、他にも3種類ほどカテゴリーがあります。

水筒以外の用途でも使用したいという方のために紹介しておきますね。

f:id:powerbombkun:20170521232140p:plain

HYDRATION以外にあるのは以下の3つ

  • COFFEE
  • BEER
  • FOOD

COFEEはホットコーヒーとか入れると良いでしょう。HYDRATIONと同じような用途で使えると思います。

BEERはビール等の炭酸系アルコール飲料向け。ラッパ飲みで長時間冷えたビールを飲みたいんじゃー!って人はこれですね。

FOODは食べ物用。会社のランチ用としておかずを入れて持っていけば昼ご飯の時でも保温性バツグンなのでホカホカです。

まとめ

レビュー内容が長くなったのでまとめておきますね。

  • ハイドロフラスクはアメリカ生まれのオシャレな水筒
  • カスタマイズでいろんな種類のキャップが付け替えできる
  • 保温性は日本メーカーと同等
  • 重量も日本メーカーと同等
  • カラーバリエーションが豊富なので好みの色がきっと見つかる
  • 4種類の商品カテゴリーがある

カスタマイズができたりカラーバリエーションがたくさんあるっていうのがやっぱりグッドですね。

今まで水筒なんかどれでもいいと思っていたり、ダサくてもしょせん水筒だからって気にしてなかったって人にはおすすめです。

ハイドロフラスクの水筒を職場や公園に持っていくときっと一目置かれること間違いなし。


それじゃあLet'sハイドロフラスクライフを!

【Adsense】記事下広告をPCはダブルレクタングル、スマホはレスポンシブにする方法

f:id:powerbombkun:20170520161232p:plain

こんにちは、ボム君です。


はてなブログでアドセンス広告を貼っている方の場合、こんなことで悩んだことありませんか?

  • 記事下の広告の種類をPCとスマホで表示を切り替えたい
  • PCで表示するが、スマホでは表示したくない
  • スマホでは表示するが、PCでは表示したくない

こんな方のために、今回ははてなブログの方を対象にPCとスマホで記事下アドセンス広告の種類を切り替える方法を教えますね。


じゃあいってみよっ!

完成時イメージ

最初に完成時のイメージを見せておきますね。

私のブログでは今Adsense広告の貼り方は以下のような設定にしています。

記事下にPC版ではダブルレクタングル、スマホ版ではレスポンシブって感じですね。

なかなかいいでしょ?

PC版

f:id:powerbombkun:20170518000926p:plain

PC版はこのように記事下に300×250のサイズの広告を横並びで2つ貼っています。

スマホ版

f:id:powerbombkun:20170518001604p:plain
スマホ版は記事下にレスポンシブ広告を貼っています。
※レクタングルと同じ位のサイズが表示されていますが、レスポンシブ広告を設定しています。

設定の仕方

はてなブログの設定は以下の箇所を変える必要があります。

  1. 広告ユニットの準備
  2. デザイン変更:記事下
  3. デザイン変更:デザインCSS

それじゃすごくていねいに解説していきますね。

いくぜ!

手順①:広告準備

まずは設定するための広告を準備しましょう。

今回使用するのは以下の3つのタイプの広告です。

  • レクタングル(300×250)1つ目
  • レクタングル(300×250)2つ目
  • レスポンシブ

レクタングルの2つの広告がPC用、レスポンシブの広告がスマホ用になります。


広告作成はアドセンスの画面から作成してください。この画面ね↓


f:id:powerbombkun:20170429091052p:plain


次の画面からレクタングルの広告を2つ、レスポンシブの広告を1つ作成してくださいね。

レクタングルの広告を作る時はこちらを選択し、保存してコードを取得ボタンから広告を作成。↓

f:id:powerbombkun:20170518003606p:plain

レスポンシブの広告を作る時はこちらを選択、保存してコードを取得ボタンから広告を作成。↓

f:id:powerbombkun:20170518003617p:plain


これで以下の3つの広告が作成できていれば広告準備はOKです。

  • レクタングル(300×250)1つ目
  • レクタングル(300×250)2つ目
  • レスポンシブ

手順②:挿入用コードをコピー

以下の挿入用のコードを一旦エディタ(メモ帳等)にコピーしてください。

<div id="my-footer">
<p style="text-align: center; font-size: 75%;">SPONSORED LINK</p>
<table class="table-css">
<tr>
<td class="td-css">ここに1つ目レクタングルのアドセンスコードを入れる</td>
<td class="td-css">ここに2つ目レクタングルのアドセンスコードを入れる</td>
</tr>
</table>
ここにレスポンシブのアドセンスコードを入れる
</div>
<script>
var myFooter=document.getElementById("my-footer");
var temp=myFooter.cloneNode(true);
myFooter.parentNode.removeChild(myFooter);
document.getElementsByClassName("entry-content")[0].appendChild(temp);
</script>

手順③:挿入用コードを編集

次は手順②でエディタ(メモ帳等)にコピーした挿入用コードを編集していきます。


まず、手順②のコード内の以下の文字列の箇所をアドセンスコードで置換してください。

  • ここに1つ目レクタングルのアドセンスコードを入れる
  • ここに2つ目レクタングルのアドセンスコードを入れる
  • ここにレスポンシブのアドセンスコードを入れる


広告ユニットの準備の際にレクタングル広告×2、レスポンシブ広告×1を作成したはずなので、各々のアドセンスコードこ対してコピペしてくださいね。

コードの場所はここをクリックし
f:id:powerbombkun:20170429090530p:plain

このコードをコピーして使ってください。
f:id:powerbombkun:20170429085745p:plain



次に、スマホとPCで表示を切り替えるようにおまじないコードを追記します。

↑でコピペした3つのアドセンスコードを以下のように修正します。

スマホ版で非表示にしたい広告へおまじない追記

今回の場合、PC版はダブルレクタングルでスマホ版はレスポンシブという表示のため、PC版ではレスポンシブ広告を非表示にするようにおまじないを追記します。

レスポンシブ広告のアドセンスコードを以下のように修正します。

ins class="adsbygoogle"

この部分のコードを以下のように変更する。↓

ins class="adsbygoogle widedisplay"
PC版で非表示にしたい広告へおまじない追記

スマホ版ではPC版と逆で、ダブルレクタングル広告を非表示にするようにおまじないを追記します。

レクタングル広告各2つのアドセンスコードを以下のように修正します。

ins class="adsbygoogle "

この部分のコードを以下のように変更する。↓

ins class="adsbygoogle mobile"

手順④:編集済みコードを記事下設定にコピペ

編集が終わったら、はてなブログの設定画面の以下の箇所にコピペしてください。

  • 貼る場所:デザイン設定 - 記事下

ここ↓
f:id:powerbombkun:20170429083401p:plain

手順⑤:デザインCSS設定に以下をコピペ

デザインCSS設定で以下のコードをコピペしください。

コード

/* アドセンススマホ対応 */
@media screen and (max-width: 680px) {
  .mobile{
    display: none !important;
  }
}

@media screen and (min-width: 680px) {
  .widedisplay{
    display: none !important;
  }
}

/* テーブルの線非表示,中央寄せ */
.table-css, .td-css { 
    border-style:none;
    margin:0 auto;
}

※内容としては画面サイズに応じて表示・非表示を切り替えるためのコードです。
 ディスプレイサイズが680Pixelより上か下かで切り替えてます。

  • 貼る場所:デザイン設定 - デザインCSS

ここ↓
f:id:powerbombkun:20170520160117p:plain


この手順が終わったら、変更を保存しPCとスマホそれぞれで表示を確認してください。

最初の画面イメージのような表示になっていればOKです。

できたでしょうか?


それでは、よりよいアドセンスライフを!

嫌いな仕事とオサラバ!「“好き”がお金に変わる33の方法」【書評】

f:id:powerbombkun:20170514011444p:plain

こんにちは、ボム君です。

"好き"をお金に?そんなのあるわきゃねーだろ、お金稼ぐってのはつらいもんだ!

って言っているあなたのためにこの本を紹介します。


好きがお金にってなんてロマンがある本のタイトルですよね。


普通のサラリーマンならこんなことは夢のように思うんじゃないでしょうか。

上司に怒られ、残業を夜遅くまでがんばって稼いだ給料を好きなことに使う。

これがあたりまえですからね。


私も書店で本を見た時、好きなことで食べていける人生なんて最高すぎるだろ!

そう思って反射的に買ってしまいました。


読んでみて知らなかったことも盛りだくさんで書かれあったので、紹介する意味もこめて書評の方をさせてもらいますね。

この本は好きでお金を稼ぐ方法を学ぶための教科書

f:id:powerbombkun:20170514011026p:plain

この「“好き"がお金に変わる33の方法」は、好きなことをして食べて行きたいという人のための教科書です。


好きで稼げるなんてありえない。

好きと言っても、営業or技術職とかどっちがマシな職業かっていう程度の好きでしょ。

なんて思ったあなた、この本の好きは全く違います。


この本の好きというのは自分の今までの人生で遊びとかも全部含めて好きなことを言います。


自分が小さいころや、学生のころに時間やお金を度外視してまじめに取り組んだことが誰でもあるはずです。

この本を読めば、そんな好きなことからお金を稼げるようになるかもしれません。


まさにロマン


では、本の中で紹介している33の方法の内の5つをタイトルでチラ見させておきますね。↓

  • 「儲かるから」より「好きだから」を優先する
  • 「好き+オリジナル」でブルーオーシャンに漕ぎ出す
  • 「えこひいき」と「おもてなし」でファンを獲得する
  • 信用力のあるホームページを作成する
  • 確実に収益を出すための3つの法則


お金稼ぎたいって人には目を引かれる項目が多いでしょ?

私が衝動買いしたってのもあたなら分かるんじゃないでしょうか。

この本を読むと何がわかるか

f:id:powerbombkun:20170514010251p:plain
この本を読むと好きをお金にするための具体的な方法が分かります。


この本は大きく5つの章で構成されており、それぞれの章で何に気を付けて何をすれば良いかが詳細に書かれています。


章の構成

  • 第1章:「お金の種」をまく
  • 第2章:「お金の種」を育てる
  • 第3章:「お金の木」を育てる
  • 第4章:「お金の実」を収穫する
  • 第5章:「お金の実」をブランド化する

実際に初めて副業などでビジネスをする場合、どうしても非効率な方法でやっていたりだとか、大きく損をしていたりということもあるでしょう。

この本を読むと効率的なビジネスの進め方や損を防ぐ具体的な方法が学べます。


私が読んでみて勉強になった個所をいくつかあげておきますね。

  • お金になる種の探し方
  • 好きをお金に変えるためのコツ
  • ビジネスの幅の広げ方
  • 商品・サービスの客先選定方法
  • 商品・サービスのアピール方法

内容としてはビジネスとか初心者向けの比較的簡単な内容が多いですが、これから好きで稼ぎたい!って人には目からウロコの内容になっています。

この本をおすすめしたい人

f:id:powerbombkun:20170514004447p:plain

こんな人にこの本はおすすめです。

  • サラリーマンをしているが将来的に独立したい

⇒独立に向けての入門書として参考になります。


  • 副業で稼ぎたい

⇒どのような副業がおすすめか、副業の進め方についても書かれています。


  • 嫌いなことはやりたくない好きなことで生きていきたい

⇒好きなことだけで生きていくなら本書は一度読んでおくとよいでしょう。好きからお金を生み出すコツが理解できるはずです。

この本の残念なポイント

f:id:powerbombkun:20170514004855p:plain

この本で残念というかもっと詳しく書いてほしかったのはビジネス例ですね。


◯◯するとビジネス的には上手くいくとか、◯◯はやってはいけないとかは書いてます。

でも、これからはこんなビジネスが面白いとか、こっそりおすすめする儲け方とかは書いていないので、あまり知られていないビジネスの種を知りたい!という人には参考にならないかもしれません。


とはいえ、ビジネス初心者の人にとっては実際のビジネスの成功例・失敗例が一緒に書かれているので、入門書としては良いでしょう。

まとめ

副業なんかしたことない、でも好きなことで食べていけたら素敵だなぁって気持ちがある人は一度読んで見てください。


また、ブログをやっていてなかなかPVが上がらず苦労しているという人にも参考になります。

人を引きつけて集める方法が盛りだくさんで書いているので、これを読めばあなたのブログのPVアップにつながるアイデアが見つかるかも!


それじゃまた!


やぎろぐは見習うべき新世代SEOのお手本だ!

f:id:powerbombkun:20170511002337p:plain
引用:やぎろぐ

ブロガーのみなさんやぎろぐの動向はチェックしてますか?

www.jimpei.net

くだらない記事だったり、変わった生き方してたり面白いですよね?

私はブログ歴は約1年半になりますがここ1年以上はやぎろぐを欠かさずチェックするやぎろぐマニアです。

はてなを追い出されたころはだいぶ盛り上がりましたね。


なので、今回はやぎろぐについて語らせてくださいね。

やぎろぐとは?

早稲田大学卒の23歳でフリーランスで活躍している八木仁平さんの運営するブログです。


八木さんは大学時代にミニストップでコンビニのアルバイトをしていましたが、仕事ができなくて2か月でクビになったというなかなかレアな経験の持ち主です。
www.jimpei.net

そんなレア経験から「苦手なことでは勝負しない、自分の得意で好きなことで生きていく!」と決意し、いろんなことに挑戦しているブロガーです。

ブログの運営収入やサロン等で月収100万円を達成している超人気ブロガー。

うらやましいぜ!


ちなみに最近は男なのにマツエクしたりしてます。
なかなかの変態かもしれません。
www.jimpei.net

やぎろぐの人間くさい記事がくそおもしろい

ではやぎろぐの何がそんなに面白いのか?

私はやぎろぐを面白くしているのは人間くささだと思います。


しかも普通ではない。

最高の人間くささ


人間くささを感じるのは、八木さんがが自分の欲望のままに行動し、しかもそれを恥ずかしがらずに記事で文字にして読者にさらけだしているからです。


キャンピングカーで生活してみたいと思ったらキャンピングカーを購入。
www.jimpei.net

キャンピングカーを購入したと思ったら4か月で引退。
www.jimpei.net

女性とデートするならそのデート内容をライブ感たっぷりの感じで記事に。
これは最後まで読んで笑った。
www.jimpei.net

なんでもさらけだしているでしょこの人?面白すぎね?


ブログというのはふつう多くの人は匿名でやっていたりしますよね。

そのような場合、何か著者⇔読者の間につめたーい壁があるような気がして親近感がわきづらく興味も持ちにくいです。

顔も知らないAさんより、自分の親友のB君の方が親近感や興味が湧きますよね?


やぎろぐの顔を出したり、思っていることを素直に表現する記事、失敗をさらけだす文章。

そこに最高の人間くささがあって面白い

こんな文章書けたらいいのにと思っちゃいます。

これからの一番のSEO対策は自分のブランド化

私最近よくSEOについ勉強しているんですが、最近Googleのアルゴリズム改変により度々、検索上位のサイトが圏外に飛ばされたーとか、飛ばされたサイトがなぜか戻ってきたーとかをよく聞きますね。


SEO対策も以前のように専門性の高い記事を集めて専門サイトを作ったとしても、別のサイトに内容をパクられてオリジナルのサイトが飛ばされたりもします。

もはやいくら専門性の高い情報のサイトを作っても似たようなコンテンツがあると、Googleの機嫌次第でどちらが上がるか下がるか決まってしまいます。

怖いぜGoogle!


そこで、これからの時代で必要になってくるのは他がマネできないオリジナルのサイトを作ることがSEO対策で最重要になってくるはずです。


マネされないための一番の対策は自分のブランド化

要は有名人になるということです。

自分のブランド化ができれば何の記事を書いても自分に興味を持ってる人が集まってきますからね。


で、私たち一般ブロガーが見習うべきお手本こそやぎろぐだと私は考えます。

  • 欲望をさらけだして読者の共感を得る点
  • 自分の写真を出しまくって親近感をアピールしている点
  • 失敗や自分の弱みを出して気にさせる点

これらのような記事を乱発しているとだんだん八木さんのことが気になってくるので、みんなが寄ってきます。

気になってくると各記事に興味を持つというより、八木さんの書く文章すべてに興味を持つようになります。

本人自体に興味を持ってしまうということですね。


自分のことは他の人がパクることなんてできないのでこれこそ最強のSEO対策です。

順位落とされたりすることなんて気にする必要もなくなります。

Googleの機嫌を気にする必要も無いしね。


ちなみに「やぎろぐ」をキーワードプランナーで検索したら1000~1万件でやっぱり沢山検索されてます。
すごい!
f:id:powerbombkun:20170510235151p:plain


これこそ新時代SEOのお手本!

引き続きやぎろぐの動向をチェックだ!

ボム君のプロフィール

http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/p/powerbombkun/20170408/20170408162347.jpg

こんにちは!
当ブログの管理人の「ボム君」です。

ブログ運営しているからにはやっぱり運営者のことを知ってほしい!


ってことで、今回は僕のプロフィールについて語ります。

サラリーマン家庭の長男として生まれる

母親から2月の大雪の日に生まれたと聞いています。

長男として生まれました。

小さい頃は母親、父親ともにサラリーマンで仕事が忙しいため、日中はおばあちゃんに可愛がってもらっていました。


暮らしていた家は裏に山があったり、周りが一面田んぼだったりという超ど田舎。

牛小屋なんかも家にあるくらい自然がいっぱいの家で毎日走り回ってました。


小さいころは非常に人見知りで、幼稚園の入学式に行くのが嫌で泣き散らかしたあげく行かなかったらしい。

中学~高校で部活に明け暮れる

中学時代は部活でバドミントン部に所属。

3年生の時は一応キャプテンとしてなんちゃってリーダーシップはとっていました。

岩手県の大会で上位入賞を果たしたのでそこそこ当時は上手かった。

スポーツ推薦の話なんかも来ましたよ。


高校は中学でやっていたバドミントンではなくバレーボール部へ。

強豪校から来た人もいたので彼らに圧倒されつつ、下手なリベロとして顧問に罵倒されながら最後までやり通す。


また、3年次は大学入試の勉強に必死に取り組み、なんとか念願の大学に合格。念願のキャンパスライフへ。

大学で遊びに目覚める

念願のキャンパスライフ&一人暮らしスタート!


あほほど勉強した高校入試からの解放感からか大学に入り完全に勉強とおさらば。

誘惑に負けて1年次からサークル(バレーボール)仲間との遊びまくり。

遊びの面白さに目覚めたことがたたってか授業をサボりまくり単位を大量に落とす。(泣)


また、4年次にはパチスロに大ハマり

当時は北斗の拳、吉宗全盛期。一攫千金を夢見て毎朝パチスロ屋に足を運ぶ毎日。

完全な依存症で中毒的状態に陥いりました。

その時のことはこちらの記事で書いています。↓
www.bombkun.com

パチスロでギャンブル性の高いものでも仕組みを理解し戦略的に戦うことで勝てると知りました。


しかし、サークル、パチスロライフがたたってか4年後期まで単位が足りておらずあやうく留年しかける。

レポート提出のみのやさしい教授の科目を狙い撃ちにしてなんとか卒業できました。(すごい焦った。)

就職&転職で自分探し中

理系学科だったこともあり、当時のホリエモンフィーバーに憧れました。

『ベンチャー企業カッコいいぃー!今アツいのはIT系だ!これが来るぜ!』ってことでIT系の企業へ就職。


しかし、入社してすぐ味わったのは

  • 上司からの資格取得のプレッシャー
  • 人形をひたすら運ぶという意味のない単純作業
  • 仕事中に靴選びに熱中する変な上司

想像していたIT系の仕事ライフと違ーう!ホリエモンフィーバーは幻想だったのだと知りガクゼンとする。


ただ、2年目からプログラミングを始めたことで気分が180度変わります。

プログラミングの面白さにのめり込む!

マイクロソフトのVisualC++というツールでWindowsで動くアプリを作れることに感動の嵐!

これは遊びなのか?仕事なのか?状態になり、寝ても覚めてもプログラミングの毎日

当時は夢中すぎましたが、これで好きなことをしてお金がもらえるのは最高だと実感。


以降、2度の転職を経験しながらも今年で社会人11年目。

そろそろプログラミングに代わる第2の面白いことを探し良いビジネスが無いか模索中。

ボム君のスペック

  • 年齢:33歳
  • 身長:170cm
  • 住んでいる場所:兵庫県
  • 出身:岩手県(大学は青森県)
  • 趣味:読書、ブログ、コーヒー
  • 職業:プログラマー
  • 得意なプログラミング言語:C、C++、C#
  • ブログ歴:約1年半
  • 既婚者
  • 東北に18年、関東に4年半、関西に6年と各地方を転々としています
  • 昔は芸能人の市原隼人に似ていると言われたこともあり(割とイケメン?)
  • 車は無しのペーパードライバー
  • 面倒くさがり
  • 言われたことをあまり聞いていないことも多々
  • 割と人見知りな方だが、人当たりは良いと言われる
  • 好きなことには熱中して取り組むが、嫌いなことは徹底的にサボる
  • ブログの面白さにハマり中
  • カスタマイズでCSSとかも勉強中
  • はてなを愛用し早10年
  • 収入を増やしたいと日々思いを巡らせている

ボム君の人生観

会社員で定年を迎える平凡な人生ではなく、自分の好きを仕事にして生きていきたい

ボム君のTwitter

ブログの更新情報や気まぐれのツイートをしております。

気になった方は気軽にフォローしてくださいね。
twitter.com

ボム君へのお問い合わせ

当ブログへの質問や意見、仕事のご依頼はこちらからお願いします。
お問い合わせフォーム