ボム君.com

好きをお金にする私の生き方

気付けない人が損する理由と改善法3選

f:id:powerbombkun:20170422185736p:plain


あの時気付けていれば。。。


そんなことを思って気付け無かった過去のことを後悔している人は多い。

気付けない人と気付ける人

世の中には2種類の人間がいる。気付ける人気付けない人だ。

気付けない人というのは簡単な言葉で言うと鈍感な人という事だ。昨日と今日で変わった小さな変化に気付けないタイプの人だ。

  • 通勤の際にいつも乗る電車の広告が変わった事に気付かない
  • 付き合っている彼女の髪型が変わった事に気付かない
  • 家電が安い量販店を知らずにジャパネットで買ってしまう

このタイプの人はいろいろ損だ。

気付けないという事がいろいろ問題になる。付き合っている彼女の髪型が変わったことに気付けなければ、彼女は不機嫌になり喧嘩になるだろう。安い量販店で家電を買わずにジャパネットで買ってしまったら、安く買えるチャンスというのをドブに捨ててしまうのと同じだ。


それに対して気付ける人は敏感な人という事だ。

このタイプは常に身の回りにアンテナを張っている。小さな変化に敏感で周りの人の表情や身近な物の形、世間の出来事等のいろいろなものを普段からよく見ているので、変化したことにすぐ気付く。

気付ける人は気付けない人よりも圧倒的にお得だ。彼女の髪型が変わったのに気付いた時には「髪型変えたんだね!似合っているよ!」と声をかければ彼女からの評価も一気に上がる。家電の安売りに気付ければを安く商品を買えるチャンスがゲットできる。

気付けない事は致命傷

僕はソフトウェア開発の仕事をやっている。

この仕事をしているとソフトウェアの不具合をしばしば起こす。不具合にはボタンの位置が少しずれているのような小さいものや、動いているソフトウェアを強制終了させてしまうような致命的なものまである。このような不具合を入れてしまうのは人だ。不具合は気付かずに入れ込んでしまうという事がすごく多く、しかもそれが致命傷になることが多い。

何故致命傷になるのか?それは気付かない事で入れ込む不具合の規模が問題だ。

不具合には気付いていたけど入れ込んでしまう不具合というのもある。このタイプの不具合は僕の経験上では大体ケアレスミスやちょっとした認識違いで1箇所だけ間違ったというレベルが多い。その為、規模がほとんど小規模なものが多く、あまりお客さんに与える影響も大きくないので致命傷になりにくい。


しかし、気付いてなくて入れ込んだ不具合は致命傷だ。仕様書の内容丸ごと実装するの漏れていたとか、そもそも仕様書がお客さんから来ているのも気付いていなかったので開発自体やってなかったとか規模が大きい。その為、大体致命的になりお客さんへ与える影響も大きい。

気付けるのと気付けないのは雲泥の差だ。

気付ける人になるためにやること3つ

「気付けないのは性格の問題だから治らない」僕の周りではこう言う人もいる。だが僕は治せると思う。

どうやって治すか?

周りに興味を持つ

何故気付けないかというと、そもそも周りのことをほとんど見ていない場合が多い。

それは見れないんじゃなく、そもそも興味が無くて見ていないのだ。そりゃ気づける訳が無い。

そのような気付けない人が気付くためには当然興味を持つことが大事。

  • ロングヘアーの人がショートになっていた → 何故髪型を変えたのか?プライベートで何かあった?仕事が一段落したのか?
  • 部下が仕事を休みがち → 自分が何か悪いことを言ったか?部下の体調はどうなのか?周りとコミュニケーション取れているのか?

こんな感じで各メンバーのことを気にして見ることが大事だ。そうするとメンバーの変化に気づけるし、メンバーのことを知れるので興味も持ててくる。

暇なときには話しかけてみるとより興味を持てるのでグッドだ。

自分の仕事以外全く興味なし、必要なこと以外話しかける気は無い!なんて言わずに周りをよく見てみるというのが興味を持つコツだろう。

想像を膨らませる

とにかく1つのことだけじゃなく、2つ目や3つ目と想像を膨らませることが大事だ。

  • お客さんへ商品Aの提案をして失敗したら → 予備の商品Bを提案しよう
  • 商品開発グループの従業員IDに間違いがあった → 商品企画グループの従業員IDにも間違いがあるんじゃないか?

こんな感じで目の前の1つのことだけしか考えずに思考停止するのではなく、予備の案や失敗した際のことを考えての予防線を張っておくと気付ける人と評価も上がるはずだ。

情報を早くたくさん仕入れる

情報があるのか、無いのかで気づきは全く変わってくる。

知っていないとそもそも気付けないからだ。

今はインターネットで検索すれば知りたい情報はほとんど出てくるし、ジュンク堂等の大きな書店に行けば使える書籍もたくさんある。

とにかくいろいろな経路から情報を沢山仕入れることが大事。そうすることで気付くためのヒントが得られる。


また、情報は鮮度が大事だ。せっかく新しい情報を仕入れたのにすでにみんな知っている情報だったりすると意味が無い。

素早く情報を仕入れることで周りのメンバーよりも先行して気づけるようになれる。

まとめ

気付ける人と気付けない人の差はどんどん開いていくよ。人生で損したくない生き方をしたくないなら気付ける人になろう。