ボム君.com

プログラミングで世界を変えよう

騙されたくないなら三現主義で真実を見透かそう

f:id:powerbombkun:20160227000606p:plain

騙された経験ありますか?

詐欺に引っかかって大金取られたとか、高額な物を買ったけど品質が悪かったとか経験している人は少なからずいるでしょう。僕はそこまでのことはないですが、家電量販店で店員さんにオススメされたので買って家で使ってみたらイマイチだったという程度のことはあります。

もちろん相手は必ずしも騙そうとは思っていないかもしれませんが、やられた方としてはやはり騙された気分になりますよね。

人はどうしたら騙されにくくなれるのでしょうか?

騙されやすい人とは

騙されにくくなりたいならまずどんな人が騙されやすいのかというところから整理しましょう。

身の回りで騙されてる人はどんな人ですか?

僕がイメージする騙されやすい人の特徴はこうです。

無知な人

知らないことがたくさんある無知な人は当然だまされやすくなります。何故かというと、それは情報が無いからです。情報が無いと人は物事の良し悪しの判断ができないからです。良いの?悪いの?判断するために必要なものがないのでそんなの分かる訳が無いです。そりゃ騙されやすいですよね。

人を信用しやすい人

本当は悪い人なのに、すごい笑顔だったり優しい話し方だったりするとついいい人だろうと思ってしまい信用してしまう人いますよね。疑いから入る人と比べると人を信じやすい人は明らかに騙されやすいでしょう。きっといい人だ!なんか雰囲気で分かる!なんて変な思いこみを持っている人こそ危ない人ですね。

いい人

とにかくいい人。人から恨みを買うことは無い、誰からもあの人はいい人だよと言われている人。周りにいませんか?このいい人というのも騙され易いです。年老いたおばあさんが困っていたら見捨てずに助けるでしょう、道に迷っている人がいたら率先して教えてあげるでしょう。とにかく何かしてあげたいんですよこういうタイプは。そういう人は詐欺で近づいてくる人にもつい何かしてあげちゃいます。危ないですね。

三現主義って何?

三現主義聞いたことありますか?

僕は最近まで聞いたことはない言葉でしたが、聞いて意味を知った時本当に大事な言葉だと感じました。

三現主義とは

現場現物現実という「3つの現」を重視する考え方

のことです。

現場というのは実際に物事が起きている場所に行って確認しなさいということ。現物というのは実際のものがどのようなものかをしっかり目で見て確認しなさいよということ。現実というのは頭の中で考えた想像とかではなく実際の現場で起きている事実に目を向けてしっかり確認しなさいよということ。

実際の目で見ずに人から聞いた話を信用して物事を決めたり、現場で起きてる事実を確認せず頭の想像の中だけで誤った方針を決め間違った方向に進まないようにする無いためのすばらしい考え方です。

三現主義で真実を見透かそう

この三現主義という考えは真実を見極めるためには最適です。

近年はインターネットが一般化した情報化社会。デマや適当な口コミが自分たちの周りに溢れて騙されやすくなっている時代です。

こんな時代だからこそ、家電を買う際は、なんとなくネットで調べて口コミとかで良さそうなものを買うのではなく、しっかり家電が売られてる現場に出向き本当にその家電の評判が良いのか見に行きましょう。また、とりあえずアマゾンでポチッと買う前に現場で物に触ってどこが良いのか自分の目と手で確認しましょう。そして、CMとかの頭の中のイメージに流されて買うのではなく事実をしっかり捉えることが大事です。

騙されたくないなら三面主義を活用して真実見透かそう!