ボム君.com

好きをお金にする私の生き方

怒りがこみ上げた時に僕が思い浮かべるガンジーの言葉

f:id:powerbombkun:20160319200534p:plain

昨日久しぶりに夫婦喧嘩というのをしてしまいました。

きっかけは僕の何気ない行動からだったんですがどうやら地雷を踏んでしまったようです。

謝っても許してもらえません。逆に過去の僕の不祥事をネチネチ言われ挙句の果てに無視をされているという状況です。

喧嘩のきっかけは僕かもしれませんが、こういう起こっている問題とは関係ない過去のことを感情的になって持ち出すという行為は頭にきます。

普通の人なら

f:id:powerbombkun:20160319193023p:plain

というように逆ギレしてしまうかもしれません。

しかし、それらの気持ちを僕はある方法で抑え込んで穏やかでいるようにしています。

それは

ガンジーの言葉

ガンジーの言葉は僕を冷静にさせてくれます。

ガンジーとは

マハトマ・ガンディー - Wikipedia
昔イギリスの植民地だったインドを独立へと導いた人物で「独立の父」と呼ばれています。
「非暴力、不服従」を掲げ植民地解放や人権運動で世間に大きな影響を与えた人物です。

怒りを抑えるためのガンジーの言葉

非暴力は人間に与えられた最大の武器であり、人間が発明した最強の武器よりも強い力を持つ。

普通の人なら喧嘩すると感情に負けて思わず手を挙げたくなってしまものでしょう。しかし、手をあげるという行為は弱者を痛めつけ、恐怖に追いやる行為です。僕はこの言葉を思い浮かべ非暴力こそ喧嘩を解決に導く最大の武器だと思うようにし、手はあげないようにしています。

多くの犠牲と苦労を経験しなければ、成功とは何かを決して知ることはできない。

人はそれぞれ考え方が異なります。仲良くやるためにはその考え方の違いを乗り越えるために様々な犠牲や苦労が必要です。僕は喧嘩によるストレスや苦痛を今後上手くやっていくための肥料のようなものだと思うようにしています。喧嘩を繰り返すことによって肥料が積みあがり、それが将来良い実を作るということを僕は信じています。

弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ。

喧嘩というのは相手との考え方の違いによって起きます。相手の考え方を認めることは自分の考え方を否定するということです。誰だって自分の考えを否定したくないはずです。なので譲歩せず、相手を許せずにいる人は多いのではないでしょうか?
僕も譲歩をすることが負けでは無く、強さの証だと信じて可能な限り相手の意見を尊重し譲歩するようにしています。

今こそ読みたいガンディーの言葉 ALL MEN ARE BROTHERS

今こそ読みたいガンディーの言葉 ALL MEN ARE BROTHERS