ボム君.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボム君.com

レビュー、IT系のネタ、ブログ術等を書いています。

退職日を月末にするとお得な理由

SPONSORED LINK

f:id:powerbombkun:20160321175000p:plain

3月は別れの季節ですね。

退職・転職・転勤等で様々な人達が職場を去って行きます。寂しいですなぁ。

つい僕も昔を思い出して泣きそうになります。

f:id:powerbombkun:20160321113400p:plain:w336:h314

こんな場面を目にする機会も多いのではないでしょうか。

さて、そんな中でこれから退職される方に聞きたいんですが、退職日は決めましたか?

まだという方や考え中という方はちょっと待ってください。

退職日が1日違うだけで損する可能性がありますよ!

カギは社会保険料

会社員なら誰しも社会保険に入り、保険料を支払っているでしょう。

保険料高いですよねー、本当に計算合ってる?って感じですよね。

でも、この保険料ですが実は労使折半で計算されているんです。

つまり、みなさんの健康保険や厚生年金の負担はこうなっています。↓

半分は会社が負担してくれているんですね。ありがたや、ありがたや。

この社会保険料が損しないためのカギなんです。

重要なのは社会保険料の確定日

毎月の社会保険料ですがいつ確定するか知っていますか?

あまり知らない人が多いのではないでしょうか?

給料の締日?月の半分在籍したら?

違います。

確定するのは月の最終日です。

つまり、3月なら31日、4月なら30日になります。

この日に会社に在籍している場合、健康保険と厚生年金は労使折半での請求になります。

では、最終日の前日に退職した場合はどうなるのでしょうか?

その場合以下のようになります。

健康保険

退職した月の健康保険は会社の健康保険組合から外れて、国民健康保険に切り替わります。

国民健康保険は雇用主がいないため労使折半ではありません。
なのでこうなります。↓

※転職等で引き継ぎ先の健康保険組合が決まっている場合は、引き継ぎ先の雇用主との労使折半になります。

厚生年金

退職した月の年金は厚生年金から国民年金に切り替わります。

これだけでも損ですが、国民年金は雇用主がいないため労使折半ではありません。
なのでこうなります。↓

たった1日違いで労使折半の恩恵がもらえない

つまり1日退職日を変えることえ労使折半の恩恵が受けれるかどうかが変わるということです。

大事ですねー、退職日。

3月30日に退職を決めている人は、今から3月31日に変更しましょう。

意識していなかった人は次回から気を付けてくださいね。