ボム君.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボム君.com

レビュー、IT系のネタ、ブログ術等を書いています。

小遣い制の僕が会社の飲み会に参加する理由

SPONSORED LINK

f:id:powerbombkun:20160326184855p:plain

飲み会参加してますかー?

会社の飲み会には殆ど参加する僕が参加する理由について少し語りたいと思います。

我が家は小遣い制

f:id:powerbombkun:20160326185208p:plain:w450:h300
我が家は小遣い制です。

月に自分が使えるお金の額は2万円と決まっています。使えるお金が決まっているので、毎日無駄遣いをしないように気を付けています。

独身の時にはお金を気にせずお菓子を買ったり、海外旅行に行ったりもしましたが結婚して辞めました。今はドリンク一本、アイス一個も買うのに少しためらうことがあります。

そんな僕ですが、会社で定期的に行われる飲み会には参加します。

飲み会に参加すると4千円程度は一気に飛びます。さらに二次会にも参加するとさらに飛びます。

僕の財布が悲鳴をあげます(泣)

「財布が悲鳴をあげるなら参加しなければいいじゃん」という人もいるでしょう。

確かにそうかもしれません。

僕は財布を痛めつけるSな面は持ち合わせていません。かといって予算を考えずに好き放題飲み会でお金を使っている訳でもありません。

僕なりの理由があるんです。

何故僕が飲み会に参加するのか

f:id:powerbombkun:20160326185558p:plain:w300:h240
人が飲み会に参加するのは様々な理由があると思います。

  • お酒が好き
  • ストレス発散
  • 話が好き

もちろんこれだけでは無いでしょう。

上司から無理やり参加を強制させられる場合、突然幹事を任命させられてしまった場合等いろいろあると思います。

僕はお酒は強い方です。ですが、別に飲み会が大好きという訳ではありません。お酒が無くてもお茶でも良いとは思っています。

そんな僕が飲み会に参加する一番の理由は本音を聞くためです。

普段無口な人でもお酒が入ると沢山話すようになったり、真面目な人でもお酒の力で急に踊りだしたりする場合があります。

お酒の持つアルコールが普段の緊張を緩めて人の本音を引き出すと僕は考えています。

本音を聞けたエピソード

f:id:powerbombkun:20160326185757p:plain:w450:h300
これは先日の飲み会でのエピソードです。

僕は普段上司と一緒に仕事をしており、その時の飲み会でも一緒に仕事をしていた上司と2人で話をしていました。

上司は普段はあまり僕に対して文句は言って来たりせず、むしろ褒めて伸ばすタイプの上司です。

そんな上司が僕に対して不満とかは無いのか以前から気になっていました。

僕は自分では気付けない出来ないところやダメなところは沢山あると思っています。

なのに上司な普段仕事をしていても何も言ってこない。

それは気付いていないからなのか?それとも気付いているけど敢えて言わないのか?ずっとそう思っていました。

そんな気持ちを持っていた僕ですが、僕からも上司に「何か不満とか無いですか?」と聞いたことはありませんでした。

それは恥ずかしいという気持ちもあったからなのかもしれません。何となく聞かなくても仕事が止まるという訳では無いし、別にいいやという感じでした。

いうなれば本音を言えていない状態ですね。

ただ、プロジェクトが解散になり、僕と上司は離れるということもあったのかもしれません。

酔っぱらった上司が僕にこのように言いました。

「ボム君は優秀だけど、実は行動に違和感を感じる時がある。」

その後違和感の詳細を僕に語ってくれました。

この言葉を聞いた時に僕はこのように思いました。

『自分も言いたくても言えていなかったが、上司も同じだったんだ。』

その時はっきりと分かりました。

悪い点を指摘されたということで、普通の人ならショックや怒りを感じてしまう場合があるのかもしれません。

ですが、上司からのこの言葉は僕を感動させてくれました。

初めて上司が僕の悪い点を指摘してくれた。嬉しかったですね。

僕は自分の欠点を見つけて、それを修正することで成長していきたいタイプの人間です。

そこで自分への指摘と初めての上司からの僕に対しての本音が聞けたということで飲み会に来て良かったと思いました。

費用を超える収穫

f:id:powerbombkun:20160326190730p:plain:w450:h300
お金という費用の面だけに注目していたら僕は参加していなかったでしょう。

費用はかかるが、そこで得られるものがあるかもという思いで参加したことで生まれた収穫だったと思います。

飲み会に僕が行かなかったら最後まで上司から本音を聞けずに離れてしまっていたでしょう。

何年かしてやっと本音に気付くよりも、飲み会の場で本音が知れたというのは本当に良かったです。

飲み会は2次回まで参加したため6千円程度は飛びました。(泣)

ですが、それ以上の価値がこの飲み会にはありました。