ボム君.com

プログラミングで世界を変えよう

100記事達成して僕が気づいた3つのこと

f:id:powerbombkun:20160424085731p:plain

この記事が100本目です。

1月から記事を書き初めて4月中になんとか100記事いけました。

Yeah!!!

僕は継続するのがあまり得意では無いんですが、そんな僕でもここまで続けれたので達成感があります。

今回は100記事書いたことで気付いたことをまとめました。

毎日書き続けるという難しさ

3月までは毎日継続して書いていました。
以下が月毎の記事数です。

2月、3月と毎日継続していた投稿が4月で途切れました。
理由としては以下です。

  • 仕事が忙しくなった
  • モチベーションが少し落ちた


仕事が忙しくなってくるとなかなか落ち着いて記事の内容を考えることができなくなっちゃうんですよね。

あーでもない、こーでもないという考える仕事をしているので、どうしたって家では頭を空っぽにしたくなっちゃいます。

でも毎日更新するためにどうでもよいゴミ記事を投稿するのも気が引けます。

『あー疲れた。寝ます。』みたいな記事を書く位なら別にブログでなくて良い気がするので、書くからにはしっかり書きたいですよね。

やっぱり仕事しながら毎日書いている人ってスゴいなって思いました。

はてブが多い記事でも検索されやすい訳では無い

記事を書いているとはてブが付きますよね。

はてブが沢山つくとはてなの人気エントリーに載ります。

人気エントリーに載ったら多くの人達に注目を浴びてブログを見てくれる人が増えます。

でもそれは一時的なものでそれが終わるとあまり読まれなくなります。

僕のブログでGoogleでクリックされやすい記事のトップ3は以下です。
1位
powerbombkun.hatenablog.jp
2位
powerbombkun.hatenablog.jp
3位
powerbombkun.hatenablog.jp

3位は少しブックマークされていますが、1位と2位は殆どされていません。でもGoogleでは見られやすい記事のようです。

ブックマークをする人達とGoogle検索をする人達の目的の違いとかがあるのかもしれません。

とりあえず、はてブが多いからといって検索されやすいとも限らないんですね。

時事ネタは鮮度が大事

少し前ですが、横綱の白鵬が立ち合いの変化で優勝したということがありましたよね。

僕はそのことを知ってからすぐ以下の記事を書きました。
powerbombkun.hatenablog.jp

相撲って伝統に縛られていて、おかしい風習が多いと思っていたため反射的にこういう記事を書きました。

みんなが関心を持っている旬な話題だったからなのか、多くの人がこの記事を見てくれて、一日のアクセス数としてもこの日が一番多かったです。

時事ネタは鮮度が大事なんですね。

いかに世間が関心を持っているタイミングにピンポイントで記事を投稿できるのかというのが重要なんだなと思いました。