ボム君.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボム君.com

レビュー、IT系のネタ、ブログ術等を書いています。

ドキドキとさらば!3分間スピーチを緊張せずに話すための5つのテクニック

スピーチ

SPONSORED LINK

f:id:powerbombkun:20160508204206p:plain

僕の職場では朝礼で3分間スピーチをやっています。

僕はもう5年位これをやっているので慣れてますが、やはり新人君達はまだ慣れないみたいです。

やっぱり話すときに結構緊張しちゃって上手く話せなかったりするみたいなんですよね。

ってことで、今回は緊張せずに話したいならどんテクニックを使うと良いかを紹介したいと思います。

話す内容をよく理解する

これは当たり前ですがすごく大事です。

理解している内容を話す時は自信を持って話すことができるので人はあまり緊張しません。しかし、あまり理解していない内容を話す時は自信が無いので『間違っているかも。。』という心の声が生まれます。それにより緊張が大きくなります。

なので、事前に話す内容を決めたらしっかりとどのような内容を話すかを理解しておきましょう。特に丸暗記はする必要は無いですが、話の流れを覚えてポイント毎にどんな内容を話すかを頭にいれておけば良いです。

こうすることで本番では話の流れを思い出して口に出すことでスラスラと話ができます。

練習しまくる

内容を良く理解してるから練習しなくて大丈夫。なんて言わず、練習は必要です。

というのも、内容を理解したつもりでも実際は50%程度しか理解できておらず、いざ本番になったら話せないというのはよくあることだからです。

理解したことの確認の場という意味で練習しましょう。

練習のポイントとしては以下です。

  • 声に出す
  • 時間を測る
  • 本番をイメージする

こうやっておくことでかなり本番に近い環境になります。あとはひたすら自分が納得できるまで練習しましょう。こうすることで、実際に本番でスピーチをする時にも練習と同じ平常心で話すことができるようになります。

ポジティブな気持ちで望む

ネガティブな気持ちで本番を迎えると、どうしても不安感が生まれて緊張し、結果失敗しやすいと言います。

『失敗したらどうしよう』なんて気持ちを持って本番に望んだりしてませんか?そんな気持ちは捨てて、嘘でも良いので『明日の3分間スピーチが楽しみだ!』と思い込むようにしましょう。

思い込むことで自然と不安な気持ちが前向きな気持ちに変わり、自分に自信を持つことができます。

笑顔で話す

笑顔のパワーはすごいです。

スピーチで話す際に強張った顔で話しているとなんか周りも不安に思ってしまいます。そうして周りから心配されると一層緊張してしまいます。

それだと何も良いことないですよね?なので、常に笑顔でいましょう。

「宝くじでも当たった?」とか言われる位の満面の笑みで良いです。そうすることで周りも自然と笑顔になります。

人って不思議なもので笑顔を見るとリラックスするんですよね。笑顔パワーで体から力も抜けて落ち着いて話せるようになります。

不安ならカンペを使う

初心者でどうしても自信が持てないならもうカンペを見ながら話をしましょう。

別に恥ずかしがることは無いです。話の最初に「自信が無いので内容をメモしてきたのでこれを見て話させてもらいます。」とか言えば何も言われません。

カンペを使わずにスピーチをしてて、途中で話の内容が飛んでしまって慌てふためくよりも、カンペを使ってしっかりと話をした方が周りからも喜ばれます。