ボム君.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボム君.com

レビュー、IT系のネタ、ブログ術等を書いています。

内定率が格段にアップする志望動機の書き方

f:id:powerbombkun:20160519194750p:plain

みなさんは履歴書の志望動機欄について何を書いていますか?

志望動機はちゃんとかけているはずなのに何故か内定が取れない!なんて人はいませんか?

そのような人達に向けて今回は志望動機の欄に何をどのように書けば内定率が各段にアップするのかを話していきたいと思います。

志望動機とは

まず志望動機とは何でしょうか?

簡単に言うとあなたが転職を決意し、その会社に入社しようと思った理由のことです。あなたは何も理由が無く、なんとなく入社を決意した訳ではないでしょう。必ず入社しようと思ったきっかけのようなものがあなたの中にあったはずです。そのきっかけの内容が志望動機です。

志望動機の書き方にはコツがある

スポーツをする際に上達するためのコツがあるように、志望動機の書き方にもコツがあります。

コツを知らずに書いても採用担当の期待した内容にはならないため、書類審査ではじかれて面接までたどり着くのは困難でしょう。まずは内定率が格段にアップする志望動機を書くためのコツをしっかり身につけましょう。

良い志望動機を書くためのコツ

採用担当が見るポイントを理解する

採用担当の方が志望動機のどのようなポイントを見て良い人材かどうかを判断するかを理解しましょう。

社風に合っているか

会社には必ず社風というものがあります。

社風とは会社の性格のようなものです。性格が合う・合わないがあるように、社風にも合う・合わないがあります。社風に合わない人はその組織で働く上で大きな成果を上げることは難しいです。そのため、社風に合う人材かどうかというのは採用では重要視されます。

長く働いてくれそうか

企業側としてはせっかく採用したとしても、すぐに辞められてしまったらたまりません。せっかくの採用費用が無駄になってしまいます。

志望動機の内容の以下のようなポイントを見て長期的に働いてくれる人材か判断されます。

  • 熱意をもっているか
  • 入社した場合のビジョンは持っているか
  • 仕事に興味を持って取り組めそうか
成果が上げれそうか

入社してもらったはいいが全く成果があげれない人材だとただのコストになってしまいます。企業は社員一人一人の成果で成り立っていて、各社員がいかに仕事に取り組んであげた成果の結果で会社は成り立っています。当然入社してくる社員には成果を期待します。そのため、入社してもらった場合にその人材は会社に対してどの位の利益をもたらしてくれるかが見られます。

書く前の準備をしっかりする

良い志望動機を書くためには良いインプットが必要です。それにはしっかりとした準備をしなければなりません。

会社について調べる

入社しようとしている会社はどのような会社なのかをまずは知りましょう。

CMで名前を聞いたことがあるとか、お店で売っている商品で見たとかだけでは情報が少なすぎます。その程度しか調べてないと書類選考の時点でボロが出て、あっさり落選してしまいます。会社について調べれるだけ調べましょう。最低でも会社の以下のような情報は知っておきましょう。

  • 経営理念
  • 企業文化
  • 何の商品を作っているか
  • 誰に向けて商品を作っているか
  • 求める人材
自分の将来像を考える

自分が将来どうなりたいかを考えておくことが大事です。

会社側としては、会社の目標とするところと社員の目標とするところが一致しているのがベストだと考えています。つまり志望動機で共通の同志を持った人材かどうかが見極められる訳です。なので、自己分析をしっかりとして自分の将来像を理解しておくことが同志を持った人材だとアピールするのに使えます。

◆自己分析のポイント

  • 好きなこと
  • 嫌いなこと
  • 性格
  • 特技
  • 5年後、10年後の目標
OB訪問しておく

最近インターネットに情報は増えてはきましたが、会社内部の情報はコンプライアンス等の関係もあってそこまで多くはありません。

中のことを知りたいならOB訪問が一番いいでしょう。OBに話を聞けば企業文化やどのような人材が好まれているのかがはっきりと見えてきます。また、同じように面接を受けて入社しているはずなので履歴書にどのような内容を書いたかだとか、面接で何を聞かれたかも分かるはずです。

良い書き方にこだわる

書き方次第で内容はがらりと変わります。せっかく企業研究をしても書き方がダメなら水の泡になってしまいます。内定率を上げるためにも徹底的に良い書き方にこだわりましょう。

具体的に書く

漠然と書くのでは無く具体的に書くのが大切です。具体的な文章には説得力が出るので採用担当の印象にも残りやすいです。

以下のような書き方だけではダメです。

  • 御社の理念に共感しました
  • 御社の商品に魅力を感じました。
  • 御社の社風が好きです。

漠然としすぎて「具体的には?」とつっこまれるのが目に見えてます。さらに踏み込んで、内容を具体化しましょう。また、このような書き方だと採用担当としても、よく調べてきてない人=熱意の無い人と思ってしまい、書類審査であっさり落ちるでしょう。

矛盾しない文章

論理的に構成された文章になっているかどうかが見られます。

前半でマネジメントをやりたいので前職を辞めたと書いているのに、入社したら技術職を希望すると書いていたら矛盾しています。このような場合、採用担当としては本当に考えているのか?計画性が無い思いつきで行動する人?と思ってしまいます。

待遇面については書かない

給料やボーナスがいくらかは気になりますよね?

当然本音は給料が良いからその会社を選んだという人も居るでしょう。でもそれをそのまま書くのは印象が悪いです。なんだ金が目的か、仕事に対しての思いは二の次なのねと思われてしまいます。

そうならないためにも、お金のことは置いといてまずはどう会社に貢献できる人材かを書いてアピールしましょう。

根拠を書く

会社は論理的な判断を持って経営されてます。

当然その中で働く社員にも論理的判断が求められます。なんとなくで仕事の判断をしたり、個人的な好みで仕事の進め方を変えたりは許されません。

そのため、志望動機にも根拠を持ってるかどうかが見られます。例えば、会社の強みは技術力なのに、企画力が強みの御社は〜とか書いていると根拠無く言ってないかと思われます。

わかりやすく書く

基本的なことですね。読みやすい方が書類審査に通りやすいのは当然です。

別に上手い文章を書く必要はありませんが、以下のようなポイントが整っている文が理想です。

  • 前後の文脈を揃える
  • ダラダラ書かず簡潔に
  • 読点を使う
  • 否定文など回りくどい言い回しはしない
  • 無駄な接続語は使わない
何故自社なのか明確に

同一の業界で同じようなことをしている会社は他にもあるはずです。

採用担当の人が見たいのは何故その中でも当社をえらんだのか、つまり他の会社が持ってなくて当社が持っているものです。これを書くにはしっかりとした企業研究が必要です。正確に書ければよく調査していると思われ、非常に好印象です。

成長できるは前面に出さない

会社は学校ではありません。成長とは会社で仕事をし、そこで成果をあげることで付いてくるものです。

最初から教えてくださいという受け身な態度で志望動機を書いていると、なかなか自分で動けない人なのかなと思われてしまいます。成長できるという自分主体のことではなく、まずは会社へどう貢献するかを書きましょう。

経験に基づくビジョンを書く

経験を基に書かれた志望動機を見ると採用担当は計画的に行動する人材だと判断します。

自分の〜〜の経験が御社の〜〜の分野で活かせるのではないかと思い入社を決意しました。というように今までの自分の人生での経験が、入社した場合にどう活かせるというのを志望動機に入れ込むと評価も上がるでしょう。