ボム君.com

プログラミングで世界を変えよう

これが会社の辞め時!転職にベストな3つのタイミング

f:id:powerbombkun:20160527183335p:plain

どのような時に会社を辞めようと思いますか?

何となく辞めたり、3年間働いたから辞めると期間を区切ったりしている方も多いのかもしれません。

しかし、転職というのはやみくもなタイミングでやれば良いというものでもなく、ベストなタイミングというのがあります。今回はベストなタイミングについて3つ紹介したいと思います。

自分が成長できないと感じた時

最近成長できていないと感じたらそれは転職のタイミングが近づいているかもしれません。

人は仕事を通じて常に成長を続けるべきと私は思っています。当然自分が成長できていなくても、周りはそれを横目にどんどん大きくなっていきます。

私があげる成長できない要因としては以下の3つです。これらに該当するとそろそろ新しい成長できる環境へ転職すべきでしょう。

モチベーションの低下

モチベーションというのは成長の原動力です。モチベーションの有無次第で今後の成長が大きく変わります。

モチベーションが低下するのは以下のような場合です。

  • 同じような仕事の毎日で飽きた
  • 仕事事態のストレスがとても大きい
  • プライベートでのトラブル
  • 目標が高すぎる
  • 誰も褒めてくれない
  • 評価制度に問題があり良い仕事をしても成果を認められない
  • 給料が安い

社内に教えてくれる人がいない

教えてくれる師匠のような存在がいると人はそこに向かって自分も頑張ろうと思うものです。しかし、教えてくれる人がいないと露頭に迷い、成長をやめてしまいます。

教えてくれる人がいない状況というのは以下のような場合です。

  • 上司が無能
  • 有能なスキルを持った人が辞めた
  • 自分がスキルアップしすぎて自分よりスキルの高い人がいなくなった

役に立たないスキルしか使わない

身に着けても無駄なスキルってありますよね。そのような場合、結局苦労して身につけたスキルでも何の評価もされず後でゴミクズと同じように扱われます。

以下のようなスキルは将来何の価値もなくなる可能性があります。

  • 自社でしか役に立たない、他で需要が全くないスキル
  • 将来機械に置き換えられるのが目に見えている
  • 誰でもできる簡単な作業

仕事が楽しめない

楽しく無い仕事をずっと続けていても良い成果はでません。最近ずっと仕事が楽しめて無いと感じたらもしかしたら仕事を辞めるタイミングかもしれません。

仕事が楽しめないということにはいくつか根本的な要因があります。私が上げる仕事が楽しめなくなる大きな要因としては以下の3つです。これらに該当しているなら少しゆっくり今後について考え転職活動を始めるべきでしょう。

業務に対して興味が持てない

  • なんとなく会社に入ったけど、入ってみたらどうしても会社の業務に対して興味が持てない
  • 急な人事異動で全く自分が興味の無い部署へ異動になった
  • 生理的に会社の業務が受け付けない

様々な要因があるでしょうが、いずれかに該当するとやはり業務に対しての興味は無くなってしまうものです。最初は興味を持てなくても徐々に興味を持ててくるというパターンも有りうるのでこの場合はじっくり様子を見た方が良い場合もあります。

人間関係の悪化

  • 相性の良かった上司が異動になり、新しく来た上司との相性が悪い
  • 一緒に仕事をしているメンバーと仲が悪くなった
  • 社内いじめ
  • セクハラ・パワハラ

人間関係の悪化というのは致命的です。転職理由の最も多いのは人間関係のトラブルだと聞いたことがあります。仮に、仕事の内容は面白かったとしても人間関係が悪いとどうしても仕事をしたくなくなってしまうものですよね。

重圧

  • 管理職に昇進した
  • 新しいプロジェクトの担当に任命された
  • 大勢の社員や顧客の前でのプレゼン

仕事をしていると段々と会社に求められるものというのが大きくなります。日々の業務の中で向けられる期待というのは日に日に大きくなります。一定以上に期待が大きくなるとそれはプレッシャーという矢になり重圧をかけます。重圧を感じるとどうしてもナーバスな気分になり仕事をなかなか楽しめなくなってしまうでしょう。

会社の業績が悪化

会社が不祥事を起こすと風評被害等であっという間に業績が悪くなります。それ以外にも、市場の状況次第で今まで売れていた製品が一気に売れなくなり、一気に会社の売り上げが落ちるという場合も考えられます。

今は企業同士の競争が非常に激しい時代です。市場の状況と会社の決算を注意深く見て業績悪化していないかを注視しましょう。

以下のような場合、企業業績が悪く倒産が近づいている時の前触れです。これらが起きたら会社を辞めることを決めて、すぐに転職準備を始めるべきです。

ボーナスカット

今まで満額支給されていたボーナスが一気に0になります。2~3割カットなら会社としてもまだ余裕を持っている状態でしょうが、全額となると本当に会社の緊急事態です。コストをできるところからカットしたいということの現れでしょう。

倒産確率20~30%位でしょう。

残業代支給カット

今まで法令に則りしっかりと支給していた残業代が急に支給されなくなります。

普通は会社の福利厚生をカットでなんとか抑えるはずですが、残業代まで法令に従わずにカットするというのはよほど追い込まれている証拠でしょう。

倒産確率40~60%位でしょう。

給料が遅配

これは致命的です。2~3か月後に会社があるかどうかも分かりません。残ったとしても他の海外の企業等に買収される可能性があります。会社に残っていても何も未来はありません。

倒産確率80~90%位でしょう。