ボム君.com

プログラミングで世界を変えよう

防寒用インナーはこれで決まり!「ヒートテック超極暖」徹底レビュー

ユニクロから昨年の12月19日に発売された「ヒートテック超極暖」が最高過ぎます!

去年から使っていたヒートテックが古くなったので先日ユニクロに新しいのを買いに行ったら、そこで私の目に↓の宣伝情報が飛び込んできました。

「超極暖」

寒さが苦手の私はそのキーワードに完全にやられてしまいました。ユニクロさんが「超」をつけるなんて相当な自身があるんでしょう。

これはもう私に買えと言っているんだなと思い、↓の2つを即ゲットしました。

f:id:powerbombkun:20170109103427p:plain
f:id:powerbombkun:20170109103442p:plain


今回はこの「ヒートテック超極暖」についてレビューしてみました。

「ヒートテック超極暖」レビュー

暖かさ

やはり超極暖のキーワード通り暖かさはバツグンです。

真冬にダウンコートで寒さをしのいでいる人なんかはこの超極暖+パーカーとかでも寒さしのげるんじゃね?って位の保温性の良さです。

私は普段冬でも自転車で出歩いたりしてます。自転車だと走っている時に風が体に入ってきてスースーして凍えてしまうんですが、この超極暖ヒートテックは冷えた風が全く入ってきません。冷えた空気が中に入ってくるのを防いで、中の暖かい空気は外に出さない感じですごく良いです。

もはや凍えるどころか逆に体がホカホカです。

見た目

普通のヒートテックも持っているのでそちらと比較してみましたが、超極暖の名前に合わせて見た目もだいぶ温もりが増えています。

ヒートテックウルトラウォームクルーネックT

f:id:powerbombkun:20170109113939p:plain

※こちらは普通のヒートテック↓
f:id:powerbombkun:20170109113950p:plain

普通のヒートテックは薄さが分かりますね、ペラペラです。でも超極暖は厚みがあるのが良く分かります。袖回りとか首回りの厚みが大分増している感じですね。見るからに暖かそうです。

袖回りと首回りの拡大写真↓

f:id:powerbombkun:20170109114033p:plain

※こちらは普通のヒートテック↓
f:id:powerbombkun:20170109114021p:plain

袖回りなんかは超極暖はモコっとしていて膨らみが違うのがよく分かりますね。

ヒートテックウルトラウォームタイツ

f:id:powerbombkun:20170109115527p:plain

※こちらは普通のヒートテック↓
f:id:powerbombkun:20170109115455p:plain

タイツの見た目はそこまで違いが分かりませんがやはり超極暖の方が少しモコッとしてますね。

裾回りの拡大写真↓
f:id:powerbombkun:20170109115517p:plain

※こちらは普通のヒートテック↓
f:id:powerbombkun:20170109115410p:plain

裾回りはやはり厚みが違って超極暖の方が膨らみがあるのが分かります。

着心地

ストレッチ

体にフィットしている感じがあるのに伸ばすと結構伸びます。伸縮性は結構ありますね。

吸湿性

着ているとだんだんホカホカしてきて暖かくなるんですが、体の中が汗で湿ってじとっとする感じはありません。ヒートテックが汗を吸収してくれるからか肌を触ってみてもサラサラです。

肌触り

外側

触った感じは非常にサラサラしています。

普通のヒートテックと比べてすこしフワフワしている感じは増えていますが、触った感じは非常にグッドです。

内側

超極暖は内側の肌に触れる部分に起毛がついているのでそれがサラサラ+フワフワしているような肌触りです。
拡大してみると内側に小さい起毛がついているようなのが分かります。↓
f:id:powerbombkun:20170109120939p:plain

これが超極暖を実現している要因なんでしょう。

匂い

匂いは特にないです。無臭です。ヒートテックの上に着るTシャツ等に匂いがつくことも全く気にしなくて良いです。

重さ

それぞれ計測してみました。↓

  • ヒートテックウルトラウォームクルーネックT:330g
  • ヒートテックウルトラウォームタイツ:220g

ちなみに普通のヒートテックも重さを計ってみました。↓

  • 普通のヒートテック クルーネックT:165g
  • 普通のヒートテック タイツ:120g

クルーネックTは約2倍、タイツの方は2倍近くの重みになっています。

確かに触った感じで厚みがだいぶ違うので重くなっているのも納得です。ただ、330gと220gなのでそんなに大した重みではなく、着ていてもモサっとした感じは全くありません。

素材

素材は以下のようになっています。↓

  • アクリル:47%
  • ポリエステル:26%
  • レーヨン:20%
  • ポリウレタン:7%

※タイツの方はウエスト部分がナイロン:90%、ポリウレタン:10%

アクリルとポリエステルが多いですね。

アクリルは保温性が良くてふっくらと暖かいことがメリット、ポリエステルは非常に丈夫で乾きが早いのがメリットみたいです。

素材の特徴についてはこちらのサイトが参考になります。
www.fashion-mensshop.com

やはり着心地がよくて汗をかいてもすぐに乾くようにユニクロさんがしっかりと作りこんでいるようですね。さすがです。

値段

値段はそれぞれ¥1990+消費税です。

普通のヒートテックは¥990+消費税です。超極暖ヒートテックは新商品ということもあり+1000円の値段設定と思われますが、その分を入れても買う価値はあると思います。

着用シーン

ユニクロのホームページに記載があった着用シーンとしては以下です。

長時間の外出

真冬の外出では必需品ですね。外出中も吸湿性がしっかりあるのでベタベタになったりしないので楽です。

スポーツ

マラソン等で走る前に体を冷やさないようにウォームアップする際に着ておくとよいでしょう。すぐに暖まります。薄いのに保温効果あるので厚手の上着なんかも持っていく必要も無く楽でしょう。

旅行

寒い地域に旅行に行ったりだとか、標高の高い地域に行く(登山等)場合は持っておくと良いでしょう。軽いので持ち運びで荷物もかさばりません。

部屋着

冬は部屋にいるときは着っぱなしで良いでしょう。相当寒い地域(北海道等)でない場合、ヒーターやコタツ無しでこの「超極暖ヒートテック」+パーカーとかでいけます。寝る時もこれを着てねれば体も冷えません。

ちなみに私は部屋では常に着っぱなしです。

今までのヒートテックとの違い

今までのヒートテックとの違いの詳細をユニクロの公式サイトから確認してみました。↓

このイラストの内容のポイントをまとめました。

  • 普通のヒートテックに対し、以前発売された「極暖」のヒートテックが1.5倍暖かい。
  • 「極暖」のヒートテックに対し、今回の「超極暖」はさらに1.5倍暖かい。
  • 「超極暖」のヒートテックは付いている起毛の厚さが「極暖」よりもぶ厚い。
  • 「超極暖」のヒートテックは繊維と繊維の間のエアポケット量が増えて空気を中に溜め込める。

商品ラインナップ

メンズ

ヒートテックウルトラウォームクルーネックT

f:id:powerbombkun:20170109101819p:plain

  • 色:4色(ホワイト、ブラック、オリーブ、ネイビー)
  • サイズ:XS-4XL
  • 値段:¥1990+消費税
ヒートテックウルトラウォームタイツ

f:id:powerbombkun:20170109101837p:plain

  • 色:2色(ブラック、ネイビー)
  • サイズ:XS-4XL
  • 値段:¥1990+消費税

レディース

ヒートテックウルトラウォームクルーネックT

f:id:powerbombkun:20170109102143p:plain

  • 色:4色(ホワイト、ダークグレー、ブラック、ピンク)
  • サイズ:XS-3XL
  • 値段:¥1990+消費税
ヒートテックウルトラウォームレギンス

f:id:powerbombkun:20170109102149p:plain

  • 色:2色(ブラック、ダークグレー)
  • サイズ:XS-3XL
  • 値段:¥1990+消費税

南谷真鈴さんのコメント

ユニクロのホームページに19歳にして世界最高峰・エベレスト(8848メートル)の登頂に成功し、日本人最年少記録を塗り替えた冒険家・南谷真鈴(みなみや まりん)さんのインタビュー記事が載っていました。スポーツ選手からも十分信頼されている商品なんですね。
www.uniqlo.com

保温、速乾機能のほかにも、ヒートテックのストレッチ性が魅力だと南谷。クライミングのように全身を使うようなシーンでは、腕や脚の動きを妨げることなく自分のパフォーマンスに集中できるのだという。

「エベレストで着ていたヒートテックは、もうずっと使っていて何十回も洗っています。保温性は変わりませんし、どんどん愛着もわいてきてしまって手放せない一枚です。

もちろん普段の生活でも、寒い時にはヒートテックにジャケットを羽織って大学に行きますし、授業中はヒートテック一枚で過ごすことも少なくありません。

ヒートテックは、登山から普段の生活まで、インナーという枠を超えて私のスタイルになっている、まさにLifeWearな商品だと思っています」

商品購入はユニクロ公式サイトで↓
www.uniqlo.com