ボム君.com

プログラミングで世界を変えよう

長期戦がツラいよ!私の歯根嚢胞治療の体験談

f:id:powerbombkun:20170807214100p:plain

こんにちは、ボム君です。


私、歯の検診を時々受けるんですが、先日歯医者さんで検診受けてレントゲンの結果を見ていた時にこんなこと言われたんですよ。

「上の左前の歯が根っこの方に影が見えるね。」


この言葉を聞いた時に聞いた時に嫌な予感がしたんです。

ガクガクブルグル。


先生が2言目にレントゲンを見て言ったのが、

キミの歯の根、膿がたまっているね。歯根嚢胞(しこんのうほう)です。


それ聞いて、私の心の叫び↓

『いやーーーーー!!』


今回はこんなことから始まった私の歯根嚢胞治療体験談です。

歯根嚢胞とは?

歯根嚢胞とは歯の根っこの方に膿の袋ができる病気です。

こんな風に歯の根っこの方に黒ーいやつができます。↓

f:id:powerbombkun:20170807213112p:plain

レントゲンで見ると黒い影で映りますが、大きくなるまではあまり症状も無く気付いた時にはすでにデカい膿の袋ができちゃっている場合も多いです。


歯根嚢胞をそのままにしておくと膿がはぐきを圧迫して以下のような症状がでます。

  • 歯茎がハレる
  • 歯が浮き上がる感じがする
  • 口が臭い
  • 歯茎から膿の袋が出てくる
  • 歯が猛烈に痛い

そしてヒドい場合には、

膿の袋が大きくなりすぎて歯茎をぶち破る

なんて恐ろしい事態にもなります。


超怖い歯の病気です。

歯根嚢胞の原因は?

歯根嚢胞はウイルスが歯の中で繁殖することで発生します。

ウイルスと白血球が戦い、その死骸が膿として溜まります。


では、ウイルスはどこから繁殖し始めるのか?


それは、神経の管です。


歯根嚢胞になる根本原因は、神経の管にあるんです。

神経は普段は歯の中心から栄養分を歯に送ったり、虫歯から歯を守る役割をしています。

それが、虫歯などの影響で神経が死んでしまったりすると神経の菅の中にウイルスが繁殖してしまい、以下のような症状がでます。


  1. 虫歯が進行しやすくなる
  2. ウイルスが神経の菅を汚染する
  3. 歯の根に膿


ちなみに私も今回の治療で2回目ですが、どちらも歯の神経が死んでいて、根に大きい膿の袋ができていました。(涙)

歯根嚢胞はどうやって治療するの?

では歯根嚢胞はどうやって治療するのかというと、カンタンに言うと膿の排出と消毒です。

根管治療という呼び名です。


ケガをした時にバイ菌が入らないように、消毒液をキズ口に塗りますよね。あれと同じです。

私の体験した治療は以下のような内容でした。↓

①歯の頭を開ける

治療は最初に歯の頭の部分を開けます。

治療してかぶせ物や詰め物をしている場合は、削って除去します。治療したことが無いが、神経が死んじゃってる場合は、歯を削ります。


この時神経が死んでいるため、麻酔をしなくてもほとんど痛くありません。

※私は麻酔無しで治療しました。


歯の頭の部分を削り、上から見て4つの神経の菅が見える状態にまで削れたら②の作業に移ります。


そういえば、この頭を開けた際にお医者さんが「膿の匂いが結構ある」と言われていました。膿が溜まっていると悪臭の原因にもなるんですね。

②神経の菅と根をおそうじ

次にやるのは神経の菅のおそうじ。キレイにして除菌していきます。


神経が死んでしまっているため、菅の中には死んだ神経の残骸が残っていたりします。

残骸が残っているとそこからウイルスが繁殖したりして不衛生であり、それが歯根嚢胞の原因になるのできれいにそうじしておく必要があります。


細長い棒状の器具を使って何度も神経の管から根の部分まで綺麗にゴシゴシとそうじしていきます。

この作業は何度も棒状の器具を取り替えながらやる必要があるのでお医者さんも大変。


10分くらいはこの作業だけで時間がかかるので口を開け続けるのも少し大変です。

③消毒薬を菅と根に入れる

そうじが終わった後は消毒薬で最後の締めをやります。

神経の管の中にウイルスを殺菌する薬剤をしきつめ、そのあと歯の頭にかぶせモノをして終わりです。


※②~③を歯医者に何度か通って繰り返し、すこしずつ歯根嚢胞の治療をしていきます。

歯根嚢胞治療って痛いの?

治療する前にはやっぱり痛みが気になりますよね。


結論だけ言うと少しだけ痛い程度です。


具体的に言うと、神経が死んでいるというのもあり普通の虫歯治療と同じ程度の痛さです。

神経の管を掃除する際、棒状の掃除する器具を根の方まで入れられるのですがその時に痛みがあります。


少しでも痛みを抑えたい人は私のように麻酔無しではなく、麻酔を打っておくのもアリでしょう。

歯根嚢胞はどのくらいで治る?

歯根嚢胞の治療は結構長引きます。


私は今まで2回歯根嚢胞の治療をしていますが、どちらも長期戦です。1回の治療で終わらせようと思うのは甘いです。

  • 治療回数:3~4回
  • 治療期間:1か月

この位はかかります。歯根嚢胞は一気に小さくなったりはしないので、消毒用の薬剤を入れてから除菌されるまでしばらく期間がかかるんですよね。

根気よく歯医者さんに通院しましょう。

歯根嚢胞の治療費

歯根嚢胞の治療は保険適用の範囲内でやれば高くありません。

3~4回の通院費合計して1万円程度の費用です。

初回の診察でレントゲンを撮った回の治療費は高くなるので、初回はお金多めに持っていきましょう。

歯根嚢胞って再発しないの?

歯根嚢胞って再発しないかどうかってすごく気になりますよね。


私も1年ほど前に歯根嚢胞治療をしました。

歯の根の膿が無くなりましたが、歯医者でレントゲンを撮る度に毎回1回目の歯の根に膿が溜まりだしていないかを気にしてチェックしています。


歯の神経が無いとウイルスが繁殖しやすく、歯根嚢胞にも再感染しやすいらしいです。

今のところは私は再発していませんが、治療の際に根の管の中にウイルスが残らないように治療するという高度なテクが必要です。お医者さん選びが大事ですね。


治療後は歯の根に膿の袋が出来ていたりしないか定期的にチェックしておく方が良いでしょう。

治療期間中の食事はどんな感じ?

治療期間中は食事をするのが少し大変です。


掃除・消毒⇒仮詰めを何度か繰り返して治療を進めていくので、硬いものがあまり食べれません。硬いものが当たると痛みが出てしんどいです。

仮詰めしている歯をよけるよう食べる or すごくやわらかーいものを食べるようにしましょう。パン、豆腐、ヨーグルト等がおすすめです。

歯根嚢胞にならないためにはどうするか?

神経が死んでしまうというのが一番の原因なので神経を取らないというのが一番大事です。

そのためには、虫歯にならないというのが当然ながら大事です。


私も小さいころから虫歯に苦しみ今では治療した歯だらけです。

今私が虫歯にならないように工夫しているのは以下の3つの点です。↓

  • 毎日歯磨きをする
  • 夕食後にフロスをする
  • 定期健診に行く

これらを守ることで虫歯の発生率が非常に下がりました。出来ていない人はこれらのポイントに気を付けて暮らしてみてくださいね。

まとめ

歯根嚢胞を2度も体験して、小さいころから虫歯にもっと気を付けて生活していればと少し後悔しました。

虫歯になっても神経を簡単にとらないようにする、そもそも虫歯にならないような生活習慣を心がけるというのが非常に大事です。

これから歯根嚢胞の治療に行く方に今回の記事内容が参考になればと思います。