ボム君.com

プログラミングで世界を変えよう

【初心者向け】独学でC言語を学びたい人へのおすすめ書籍10選

f:id:powerbombkun:20170819095612p:plain

こんにちは、ボム君です。

今回はこれから独学でC言語を学んでいこうと思っているプログラミング入門者に書籍を紹介します。

C言語を書けるようになることだけが目的ではなく、実践で使えるような書籍も入れていますのでプログラミングを職業にしようと思っている方にはおすすめです。

ではどうぞ!

コンピュータはなぜ動くのか

C言語を効率良く学ぶにはコンピュータの仕組みから学び始めるのがおすすめ。

この書籍ではPC・スマホ等の身の回りのコンピュータの動作ロジックについて詳しく記載されています。コンピュータの3大原則から始まり、ハードウェアの構成、メモリ管理の仕組み等。今まで一度もプログラムを書いたことが無いなんて人が読んでも面白い内容です。

また、アルゴリズムを考えるポイント等も記載されておりプログラミングにつながる内容も多いので初心者にはちょうど良い。

新・明解C言語 入門編 (明解シリーズ)

C言語とは何なのかを全く知らない人が読んでもスラスラと理解できる書籍。

プログラミングって何のためにあるの?という疑問にも丁寧にかかれているので読んでいて飽きません。途中で簡単な演習問題「1から5までの和を求めるプログラム」「行列を計算するプログラム」等があり理論理解→演習を繰り返しながら読み進めていく構成になっています。

また、図表が多く使用されており解説も非常い詳しいので初心者でも読みやすいのでおすすめです。

やさしいC 第5版

新・明解C言語と合わせてこの書籍も読んでおくのがおすすめ。

VisualStudioを使いサンプルプログラム作成・動作をさせながら読み進めていく形式。イラストを使って分かりやすく記載されているので、他の書籍で理解できなかった人からしてもイメージしやすい内容になっています。

サンプルプログラムを作成することでコーディング力アップにもつながるので初心者には読んで実践してほしいですね。

定本 Cプログラマのためのアルゴリズムとデータ構造

C言語でプログラムを作るからにはアルゴリズムやデータ構造というのは避けて通れない内容。

スタックやキューといった小メモリ・高効率のプログラムを書くためのデータ構成についだとか、2分探索やクイック・ソート等のプログラミングで頻繁に使われるアルゴリズムについて記載されています。

アルゴリズムやデータ構造についてどのようなものか、良い面悪い面について記載があるので実践の現場で役立つ知識も多い。

図解C言語 ポインタの極意

C言語で圧倒的につまずく人が多いのがポインタ。この書籍ではポインタに絞って詳しく内容を書いています。

配列はなんとなく分かるけれど、ポインタはさっぱりなんて人にはぜひ読んで欲しい内容。ポインタと配列の関係や関数ポインタについても詳しく記載されており、メモリ管理等が重要視されるC言語では後々必要になってくる知識も多いです。

簡単なプログラムが作れるようになってきたらポインタを深く理解するという意味で読んでみると良い。

C言語 標準ライブラリ関数 ポケットリファレンス

標準ライブラリにどのような種類のものがあるかは理解しておいた方が良いです。無いと思い自作したけれど、実は標準ライブラリにあったなんてことを私も経験しています。

標準ライブラリを知っているか知っていないかでコーディング速度や品質もかなり変わってくるので参考程度には読んでおくと良いでしょう。

猫でもわかる Windowsプログラミング

C言語というよりはWindowsプログラミングの書籍。LinuxやMacでプログラミングする人には必要ないかもしれませんが、仕事でWindows上でC言語の開発をしていく予定なら読んでおくと良い。

Windowsの仕組み、APIについての理解が深まるのでWindows上で簡単なアプリなんかも作ることができるようになります。

C/C++デバッグ&トラブル対策入門

プログラミングするからには必ずデバッグという作業はついてきます。作るプログラムによってはコーディング時間よりもデバッグ時間の方がかかるなんて場合もあり、デバッグ技術の習得は重要です。

プログラミングで遭遇する可能性があるトラブル、対策方法・デバッグするなら知っておいた方が良いことについて書かれています。デバッグに苦しんでいるC言語入門者は読んでおくと良いでしょう。

プログラムはなぜ動くのか

ある程度C言語が分かってきたらこの書籍でプログラムの動く仕組みについて理解しておくことをおすすめします。

CPUとメモリの関係、OSとはどのような仕組みで動作しているのかというのが理解できます。内容としては結構難しめのことも書かれているのでC言語をある程度学び、プログラムも十分書けるようになってから読むことをおすすめします。

Code Complete

初心者がC言語である程度プログラミングできるようになったらぜひ読んでほしい書籍。

コーディングの作法やルール、コードの書き方によるデバッグのパフォーマンス等記載されており、高度なレベルのプログラミングをしたいなら必読の内容。データを用いて何故その方法が良いかを論理的に説明してくれているので読んでいて非常に参考になります。